2014年

9月

02日

ぶらぶらと

 

 

東京に行きますと必ず食べに行きたいお店がある夫

土曜日で娘は朝早くに病院に行きましたので二人で出かけることに・・・ランチは鰻・・・目黒不動尊の近くですので渋谷からバスに乗り、途中懐かしの恵比寿駅に立ち寄りますので車窓からキョロキョロ~

 

並んで15分ほど待ちました。お昼しか営業していませんので遠方から来られる方も・・・

肝串とくりから焼きは早くに売り切れになりますがまだありました~お味は絶品です。職人芸!を待ちながら拝見するのも匂いもワクワクします。いつの間にか私も大好きなお店になりました。夫の顔は覚えられて?ますようで毎度ありがとうございます~です。

単身赴任の時どれだけ通ったんでしょうね(*_*)

 

 

午後は私の実家のお墓がある巣鴨霊園へまわり、まだ時間はありますので山手線に乗り目白庭園へ行きました。

しっとりとした日本庭園で無料開放が嬉しいです。

風や水音が心地良くていつまでもくつろぎたくなります。

お琴の演奏会があったようです。

下の写真は盆石というものでお盆の上に砂と石で風景をあらわしています。見入ってしまいました。小さなお盆の中にこんな表現力が・・・しかも残せるものではありません。

 

目白は立派な邸宅が多く庶民の私達夫婦の散歩を楽しませてくれました。

 

 

 

 

夜は寄りたい店のひとつ目黒のとんかつ

お味が良いのは当たり前なのですが、夫婦とも雰囲気が大好きなんです。いつもカウンター席を選びますが中では流れ作業で素晴らしくとんかつが運ばれてきます。何度も通っていますと私達もその手順がわかって気配り、タイミングとどれも満点なのです。見ていないともったいないようなここも職人技がひかります。カウンターだけで30席2階もそれぐらいあるかもしれません。常に待つ人が多いのですが誰にどれが届くのかしっかり覚えておられるようです!(^^)!

清潔な店内が何年もかわらないお店の心意気を感じます。

 

娘夫婦にはお持ち帰り ぬくもりのある内にと大急ぎで帰宅しました。