さびしくなりました



先月の末から入院していました父が12月7日の夜、88歳の生涯を閉じました。

肺に疾患がありましたのでこの10年の間に20回近く呼吸困難になり入院しましたが帰宅できませんでした。

たくさんありました手続き等もようやく落ち着きました。

母の様子も心配なのでほぼ毎日実家通いです。

お仏壇の前に置いています写真の父に話しかけますがまだ現実味がわきません。いまだに入院しているような気がします。これから共有出来ない季節を感じながらさびしさを感じるのかなと思います。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。