まだまだ気持ちは・・・


どこにいても母の事を思い出さない時はありません。

しんどいときに仲良しのY子さんの言葉に気持ちが落ち着きました。本当にありがとう。


自宅に居ますと病院や毎日通った坂道が見えて苦しくなります。

これではいけないと思い又身体を動かしにいくことにしました。


11年前に更年期のしんどさから通いだしたのですが転居後は電車利用です。丁度このころから父の入退院が始まり夫の東京転勤には心配でついて行けませんでした。

実家通いは当たり前になり両親の携帯電話が鳴ると何かあったのかといつも思う気持ちがありました。


今はもう何もなくなりました。母の入院中は着信がありますとドキッとして最後の二日前の病院からの電話は覚悟しました。

何度も見ていた携帯・・・入院中の母からのつたないメールは今も何度も読んでしまいます。



しんどさから通いだした場所ですが今はとても感謝しています。

暫く顔を出さなかった私を心配し話を聞いて下さったり共に涙したり・・・話すこと聞いてもらうことそれぞれの方の思いやりの言葉に救われています。私が存在できる場があって本当に良かったとおもいます。


実家に費やす時間はもう無くなりました。これからは・・・

88歳、85歳の両親の年齢までそう遠くではありませんから与えられた時間を大切に丁寧に過ごそうと思っています。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。